「銀座 かわの屋」は2月5日~15日迄、
青戸柚美江先生の米寿記念作品展をさせていただくこととなりました。
HPでご紹介いたしておりますように、20点を超える作品が店頭に集まります。

また、期間中の6日~8日には青戸先生をお迎えしての講演会を予定いたしております。
HPには先生が添えてくださった、作品にまつわるエピソードを掲載させていただきました。
題名を横にして見ているだけで楽しい気持ちになってしまうような作品を、
先生のお話を聞きながら、ご覧になっていただけます。

★「市松文」着尺★
IMG_4024


『青戸柚美江 米寿の祝い記念展』
2015年2月5日(木)~15日(日) ※水曜日定休
会場:アンティークモール銀座1階 銀座 かわの屋
営業時間:午前11時~午後7時

講演会は人数に限りがございますので、ご予約にて承ります。
詳しくは「銀座 かわの屋」のHP、当ブログのイベントご案内をご覧ください。

HPでは販売予定商品を一部ご案内いたしております。
↓クリックしていただきますと、HPの商品紹介にジャンプいたします。
『青戸柚美江 米寿の祝い記念展』販売予定商品紹介

先日は「郷の風」という作品に先生の帯をのせ、ご覧いただきました。
本日は「市松文」の着尺をご紹介したいと思います。
IMG_4052

シンプルに見えて大変凝った柄ですので、アップ画像をもう一枚載せました。

「郷の風」と同じ帯の組み合わせでのご案内です。
かる茅染帯地と★
IMG_4028


柿渋染帯地と★
IMG_4023


「流」帯地と★
IMG_4025


「郷の風」は飛び柄でした。
こちらは総柄と申しましょうか、大きな市松文様の藍絣の着尺です。
横絣の市松はよく見ると色々にずらされて置かれており、
さらにカギ括弧のような経横絣も入っています。

モダンアートのようにも見えますし、
黒板にチョークをねかせて描いたような楽しい市松にも見えます。

お持ちになられる方のお好みで帯を合わせていただけましたら、
同じお着物でも、その方のイメージで全く違う着姿になりそうです。

こちらの先品は画像より深く濃い藍色で、柄は大胆なのに実物は静かな印象でもあります。

また、「郷の風」と「市松文」では糸の風合いも藍色も違いますし、
今回ご紹介させていただく作品は全て表情も異なります。

「織りはじめてからこうじゃない、ああじゃないと試し織りをすることが楽しいのです」
と十数年前の先生のインタビュー記事を拝見いたしました。
今回お会いさせていただけることになり、
直接お話を伺って、そして作品をもう一度拝見できることを大変楽しみにいたしております。

かる茅染の帯の黄色がとてもきれいでしたので、
他の着物に組み合わせてみたくなりました。
藍色の着物ではありますが、木綿ではなく郡上紬にのせてみました。
IMG_4029

木綿の帯ですが、絹のお着物にも大変良く合います。

藍の絣着物でも全く違いますね。
IMG_4031


2月5日からの青戸柚美江先生の作品展、また、販売予定商品については
「銀座 かわの屋」にお問い合わせください。

                                   担当 富田

 
「銀座 かわの屋」店頭でのイベントのお知らせです。

『青戸柚美江 米寿の祝い記念展』
2015年2月5日(木)~15日(日) ※水曜日定休
会場:アンティークモール銀座1階 銀座 かわの屋
営業時間:午前11時~午後7時

<講演会>
6日(金)、7日(土)、8日(日) 各日午後2時~
※ご参加をご希望の方は「銀座 かわの屋」までお問合せくださいませ。

『青戸柚美江 米寿の祝い記念展』
『青戸柚美江 米寿の祝い記念展』

イベント詳細は、「銀座 かわの屋」ホームページをご覧ください。


銀座 かわの屋
03-3538-7066
http://www.kawanoya.co.jp

銀座 かわの屋


ブログ更新情報をTwitterでお知らせしております。
銀座 かわの屋Twitter(@kawanoyastaff
↓こちらをクリックしてください↓
kawanoya_twitter