今年のゴールデンウィークは長めにお休みをとられる方も多いと思います。

初日からお出かけにぴったりののどかな良い気候でしたし、
お休みを利用して素敵なお着物姿で、
観劇や美術鑑賞の帰りに銀座にお寄りいただき、店内は華やかににぎわっております。

『ゴールデンウィークフェスタ』は始まったばかりで、
「銀座かわの屋」には初夏から夏物も次々入荷する予定です。

IMG_1249


例年、『初夏のよそほい展』をこの時期にさせていただいておりますが、
今年はイベントを続けて開催しておりますので、DM等は特別に作っておりません。

ですが、例年どおり初夏から夏のお着物を順にご案内していきます。

第一弾として『ゴールデンウィークフェスタ』に併せて、初夏向きのお着物からご紹介いたしております。

また、今年は工芸キモノ野口さんの美しい夏物が揃います。
春前から準備してまいりました素敵な作品が多数入荷しつつありますので、
整い次第HPにてご案内させていただきます。

昨日ブログにてご紹介いたしました小紋以外にも、
野口さんの素敵な絽の友禅小紋が入荷しております。
『ゴールデンウィークフェスタ』にぜひ足をお運びください。

さて本日は真夏のイメージが強い帯を初夏のよそおいに転じてみたいと思います。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

4月25日の夜は西の空に美しい三日月が昇り、
そして三日月の斜め上には、大きく木星が輝いていました。

木星の強い輝きのすぐ下には、かに座もやさしく光っていて、
夜の星空も夏もように変わりつつあります。

東京の空もビルのないところに行きますと、
綺麗な星空を見る事ができ、帰り道のちょっとした楽しみでもあります。

誉田屋源兵衛製の蟹さんの帯はあぶくも刺繍されていますが、
キラキラした箔糸のせいかなんとなくロマンティックで、初夏の星座のようにもみえます。
IMG_1251

10年ほど前に天を駈ける金のペガサスを、複雑な箔織りで表現した
素晴らしい袋帯が入荷したことがございました。
誉田屋源兵衛さんの特別に作られた作品で、
ペガサスの首には燦然と星が輝いていたように記憶しております。

こちらは趣味的に使う帯ですが、
貴重な藤布に金糸で蟹さんを手刺繍するという、こだわりのつまった帯です。
民芸的なようで、とても洒落たデザインの帯を目にした時に
用途は違いますが、ペガサスの袋帯を思い出しました。

誉田屋源兵衛さんならではの珍しくて、素敵な帯です。

科布よりもほんのりグレー味をおびた藤の糸です。
IMG_1252


丹念に金糸で刺繍してあります。
夏のすくい織の帯と見まごうような、精緻な箔使いには本当に驚いてしまいました。
IMG_1253


宙でしょうか、 水辺でしょうか、、、
IMG_1256

夜空の蟹といえば、「かに座」の他に「カニ星雲」もあることを、
藍暈しのお着物と組み合わせていたら思い出しました。

学生時代に天体望遠鏡の使い方を教わり
初めて自分で観測した星雲は「カニ星雲」でしたので、
私にとっては水辺より宙のイメージのようです。

見る方やお召しになる方によって違うイメージがわいてくるのも
お着物のお楽しみですね。

愛らしい蟹さんに寄ってみました。
IMG_1258


前柄です。
IMG_1259

着物:藍染括糸絣 単衣紬 
  (身丈) 175cm  (裄) 71cm  (袖丈) 51cm
  販売価格 190,000円+税

帯:蟹の刺繍 藤布八寸名古屋帯 誉田屋源兵衛製
  (長さ) 384cm  (太鼓巾) 31,3cm
  販売価格 有難うございました

藤はざっくりした強い糸ですので、麻や芭蕉布のお着物との組み合わせ以外ですと、
(スレなどが心配ですので)少ししっかりした丈夫なお着物に合わせていただくことをお勧めいたしております。

芝崎圭一さんの木綿とのコーディネートです。
IMG_1263

木綿のお着物に原始布の帯を合わせて、
お単衣の時期に軽やかにお召しになる方も近年は多くお見かけいたします。

星座のお話になりましたので、こちらの洛風林の帯はうお座といったところでしょうか。
IMG_1268


こちらは素晴らしいすくい織の帯です。
同じく趣味の帯ですが金が効果的に使われています。

誉田屋源兵衛さんも洛風林さんもデザインから織りまでこだわりの
わくわくするような美しい帯をお作りになっていらっしゃいます。
IMG_1275


前柄のイメージです。
IMG_1272


IMG_1270


IMG_1270

着物:草木染格子 木綿着尺 芝崎圭一作
  ※未仕立て品につきお仕立はご相談ください。
  販売価格 250,000円+税

帯:蟹の刺繍 藤布八寸名古屋帯 誉田屋源兵衛製
  (長さ) 384cm  (太鼓巾) 31,3cm
  販売価格 有難うございました

帯:「海洋文」 八寸名古屋帯地 洛風林製
  ※未仕立品につきお仕立はご相談ください。
  販売価格 200,000円+税

本日は夜空のお話になってしまいました。
店内には、「藍雲幻」という題の天の川のような美しい藍の板締絞りのお着物や、
流星を思わせる、経絽のお着物もござます。

この季節らしい爽やかなお着物が沢山揃っております。

軽やかな初夏のお着物は「銀座 かわの屋」にご相談ください。

                              担当 富田

『ゴールデンウィークフェスタ』はアンティ