いよいよ『親から子へ継ぐ伝統の技~玉那覇有公・有勝展』がはじまりました。
『親から子へ継ぐ伝統の技 玉那覇有公・有勝展』


「銀座 かわの屋」の店内には色とりどりの美しい紅型があふれ、
個性的な作品も多数並んでいます。

ブログでは作品展の様子を少しずつお伝えしたいと思います。


今回の作品展のために染めていただいた、重要無形文化財の越後上布の八寸帯地です。
IMG_0960

色とりどりの宝石のように並ぶ貝殻の中でも
アメジストのような暗い紫色がとても美しいので、青い紫陽花の横で撮ってみました。


玉那覇有公先生の繊細な型と染めが、
ざっくりとした手績みの苧麻の八寸帯に色濃く、そして深く表現されています。

今回八寸の越後上布の台に染めていただいた作品は
それぞれの型紙に異なる特徴があり、
素材の個性と向き合って染めていらっしゃる先生の紅型への情熱が
一点一点から静かにあふれだしています。
IMG_0961

貝尽くしの文様ですがまるでお花のように美しく、力強く、
それでいて締めやすい逸品です。
IMG_0962

窓際の日差しに透けるひんやりとした越後上布の帯は、
一面に散った貝の図に見えて、よくみると斜めに美しく並んだ型です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
重要無形文化財の越後上布は地機で織られていますので、
しっかりとした八寸帯地に見えましても、
目に見えない空気を苧麻の糸にからませて織り込んだかのように
特別な揺らぎがございます。

その織りの揺らぎは、伸縮のあまりない強い麻の繊維に
身体やその動きに合わせてくれる、しなやかさを与えてくれているように感じます。


実際にお使いになる方への、織り手の先生からの素晴らしい手技の贈り物のようですね。


そして今回新潟の美しい織物に、沖縄の美しい紅型を染めていただきました。
斜めに並ぶデザインは、身体に添い、お太鼓の形になり、
変化とリズムが加わり、そして越後上布独特の楽しい揺らぎも現れてまいります。


あまり染められる事のない、玉那覇有公先生の越後上布八寸帯の魅力は、
画像ではなく、是非とも実物をご覧になっていただきたいと思います。




IMG_0967

さて、紅型にぴったり合う芭蕉布のお着物も揃いました。
こちらは大変細い糸の繊細でモダンなお作で、
寸法もたっぷりございます。

他に希少な芭蕉布の着尺や、喜如嘉の代表的なお柄の作品もご入荷しております。




☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
紫陽花にも似たランタナのお花が美しい伊差川洋子先生の帯地は
「梅雨の晴れ間に」という題がついております。
IMG_0957

本日は気温も下がりお出かけしやすいお天気です。

夏の紅型は心躍る美しさを、
皆様にご覧になっていただきたいと思います。

『親から子へ継ぐ伝統の技~玉那覇有公・有勝展』
2015年6月20日(土)~30日(火) ※水曜日定休
会場:アンティークモール銀座1F「銀座 かわの屋」

『親から子へ継ぐ伝統の技~玉那覇有公・有勝展』
美しいキモノ2015夏号
                              
銀座 かわの屋
03-3538-7066
http://www.kawanoya.co.jp

銀座 かわの屋


ブログ更新情報をTwitterでお知らせしております。
銀座 かわの屋Twitter(@kawanoyastaff
↓こちらをクリックしてください↓
kawanoya_twitter