カテゴリ: 銀座トピックス

「銀座 かわの屋」では、昨日3月4日(土)より
「桜三月 春のよそほひ展」を開催しております。

初日はたくさんのお客様にご来店いただき、ありがとうございました。
あたたかな春に、お着物でのお出かけを一層お楽しみいただけるような
素敵な着物や帯がたくさん揃っております。

是非銀座へお出かけくださいませ。

※写真にてご案内の商品は販売完了の場合もございます。
お問合せは店頭までお電話にてお願いいたします。

!cid_part4_1B244E29_BDF892E2@kawanoya_co


!cid_part5_2B9426A8_C1E31D7D@kawanoya_co


!cid_part3_53B7CDFF_7C637931@kawanoya_co


!cid_part3_15967E6F_5854B713@kawanoya_co


!cid_part4_0FA295F2_F09D4D63@kawanoya_co


!cid_part6_B59D8CBA_C9099AAD@kawanoya_co




↓ホームページにて販売商品の一部をご紹介しております
170304
↓こちらでもご紹介中です
others_a



『桜三月 春のよそほひ展』
2017年3月4日(土)~14日(火)
アンティークモール銀座1階 「銀座かわの屋」にて
170304_01
170304_02



銀座 かわの屋
03-3538-7066

かわの屋Instagram
instagram

STAFF募集
ブログ更新情報をTwitterでお知らせしております。
銀座 かわの屋Twitter(@kawanoyastaff
↓こちらをクリックしてください↓
kawanoya_twitter

image


image

詳細はこちら
詳細はこちら
image


image

image

詳細はこちら
詳細はこちら


image

image

詳細はこちら
詳細はこちら

image

image



藤木葵先生の作品についてのお話は、とてもロマンチックで素敵なエピソードが沢山詰まっていました
先生のお人柄があふれる素敵な作品をはじめ、沢山の工芸作家作品を一堂に介した秋の工芸作家作品展に
皆様、是非お越し下さいませ。お待ちしております。

担当小高

<イベントのお知らせ>
「藤木葵作品展」「秋の工芸作家作品展」


-私だけの花織に向かい合って-
『藤木葵 作品展』

同時開催 『秋の工芸作家作品展』

10月6日(木)~25日(火) ※水曜定休
アンティークモール銀座1階 「銀座 かわの屋」にて


「美しいキモノ」2016年秋号でご紹介させていただきました、
宮崎県で木綿の花織の作品を創作されている藤木葵さん。
その作品の数々を「銀座 かわの屋」にて展示いたします。
木綿のあたたかみと、緻密でありながら美しい曲線をまじえた花織。
10月8日(土)には藤木葵さんがご来場予定です。


また毎年ご好評をいただいております『秋の工芸作家作品展』も同時開催いたします。
各方面でご活躍される工芸作家の方の作品を展示販売予定です。
22日(土)・23日(日)には国展で受賞を重ねられている陽山めぐみさん、川村成さんをお迎えいたします。

是非この機会にお立ち寄りくださいませ。
※イベント期間前に販売予定商品の一部をご覧いただけます。

※イベント詳細は「銀座 かわの屋」までお気軽にお問合せください。



銀座 かわの屋
03-3538-7066

かわの屋Instagram
instagram

STAFF募集
ブログ更新情報をTwitterでお知らせしております。
銀座 かわの屋Twitter(@kawanoyastaff
↓こちらをクリックしてください↓
kawanoya_twitter

本日は、楽しいイベントのご案内です。

現在、日本橋三越さんで開催されています「日本伝統工芸展」にも入選されておられます樋口隆司先生。

当店でも先生の作品展をさせていただき、皆様に小千谷縮や、絹の湯もみ縮の魅力を感じていただいたばかりです。

樋口先生は、地元新潟県小千谷市の町興しなどにも、とてもご尽力されておられます。

そんな先生から楽しいイベントのご案内が届きましたので、ご紹介させていただきます。


『第1回小千谷はしご酒』日本酒でブラブラ

10月1日は日本酒の日、と、いうことで、小千谷の美味しい飲食店さんご協力のもと楽しく賑やかに催されるようです。

image


樋口先生の工房でもチケットを発売されております。

image


お近くにお住まいの皆様や、樋口先生ファンの皆様、是非お出掛け下さいませ♪



担当:塚越

<イベントのお知らせ>
「藤木葵作品展」「秋の工芸作家作品展」


銀座 かわの屋
03-3538-7066

かわの屋Instagram
instagram

STAFF募集
ブログ更新情報をTwitterでお知らせしております。
銀座 かわの屋Twitter(@kawanoyastaff
↓こちらをクリックしてください↓
kawanoya_twitter

本日は、かねてよりご案内申し上げておりました
『沖縄の工芸展』会場:時事通信ホール 期間9月9日より11日まで

に行ってまいりました。


会場には、沖縄の様々な染織品でいっぱい。
ちゅらぬぬ〜♪と、心で叫びながら会場巡り。

初日より大勢のお客様で賑わっておりましたが、
許可を頂き、少し会場の様子を撮影してまいりました!


首里織や紅型
image

image


琉球絣
image


芭蕉布
image

image

image


久米島紬
image


ミンサー織
image


この他にも、八重山、宮古、与那国、
知花花織、読谷山花織コーナーも素敵な作品でいっぱい。

こんなに沢山の沖縄の染織品に囲まれますと
心の興奮度はMAXです。

この帯はどのお着物に合わせましょう?
この帯に合う着物はどれかしら?
あれこれ思いを巡らしながら拝見する楽しみが会場中に満ちています。

そうして
素敵な帯や着物を見つけましたら
是非、かわの屋にご連絡ください。

または、受付で、かわの屋のお客様であることをお伝えください。

お値段の交渉などお買い物のお手伝いをさせていただきます。
とても楽しいお買い物になりますよ!


実演、解説コーナーもあって、時間の経つのも忘れます。
image


『沖縄の工芸展』は3日間限定です。
是非お出掛け下さいませ。

また、当店でのイベントも11日まで。
川村早苗先生や、和宇慶むつみ先生の首里織の作品や
紅型の作品も揃っております。

今週末は琉球の染織品に満たされてお過ごしになりませんか?


担当:塚越


<イベントのお知らせ>
『初秋のよそほひ展』
2016年9月1日(木)~11日(日)
 ※水曜日定休
会場:アンティークモール銀座1F 銀座 かわの屋
『初秋のよそほひ展』





●第23回 沖縄の工芸展
伝統の技と心 工芸品のある暮らし
9/9-9/11です
詳しくはこちらをご覧くださいませ

image



銀座 かわの屋
03-3538-7066

かわの屋Instagram
instagram

STAFF募集
ブログ更新情報をTwitterでお知らせしております。
銀座 かわの屋Twitter(@kawanoyastaff
↓こちらをクリックしてください↓
kawanoya_twitter

2日間開催いたしました、
創作京履物「伊と忠」さんによるお見立ての会には
たくさんのお客様にご来店いただき、ありがとうございました。

明日22日(月)は台風による影響が予想されるため、
営業時間を変更させていただきます。

午後1時 開店予定とさせていただきます。
状況により、変更となる可能性もございます。

何卒ご了承の程よろしくお願い申し上げます。


銀座 かわの屋


銀座 かわの屋
03-3538-7066

かわの屋Instagram
instagram

STAFF募集
ブログ更新情報をTwitterでお知らせしております。
銀座 かわの屋Twitter(@kawanoyastaff
↓こちらをクリックしてください↓
kawanoya_twitter

こんにちは

先日の帯揚げに続きまして

帯締めの基本結びを
ご紹介します

image

①帯締めの左右を体の中心で
合わせ 長さを均等にします

image

②脇で帯締めをグッと引き
緩みが 無いようにします

image

③左側を上に重ね

image

④交点を押さえながら
からげます

image

⑤均等に引き縛ります

image

⑥一度前に引き
さらに緩みを無くします

image

⑦これで帯の後ろがしっかり
まとまります

image

⑧交点を親指でしっかり押さえ

image

⑨右側にある紐を交点に
折り重ねます
その時中指から小指で
押さえると 自然に輪ができます

image

⑩輪の中に左側の紐を上から
通します

image

⑪緩まないように交点を常に
押さえることがポイントです

image

⑫今通した左だけが裏側に
なります
(ここで 違うところに
裏が出てしまったら
ねじれていることに・・)

image

⑬鏡を見ながら左右の紐を交互に
引きながら 形を整えます

image

⑭二本の紐が重なるように
して

image

⑮房を入れ込んだら

image

⑯できあがりです
縦のラインが平行で
結び目に立体感があると
カッコいいですよ

担当 渡邉



掲載商品の色につきましてはご覧の端末のモニターによって
若干の違いがございますことご了承下さい。

※掲載商品は店頭にて販売しておりますので、在庫の状況が異なる場合もございます。
  在庫状況につきましては、店舗までお問い合わせ下さい。


銀座 かわの屋
03-3538-7066

STAFF募集
ブログ更新情報をTwitterでお知らせしております。
銀座 かわの屋Twitter(@kawanoyastaff
↓こちらをクリックしてください↓
kawanoya_twitter


前回は、帯揚げの基本形
少し直線的な、キリッとした結び方でした。

今回は、より簡単でふっくらとした
優しい結び方をご紹介いたします。

image

①右側から始めます
脇を広げてシワを伸ばし
たてに折ります
この時 体の中心よりも5㎝
以上長くなるようにします

image

②基本と同様に三つ折りします

image

③さらに二つ折します
①の重なりを崩さない
ようにするのがポイントです

image

④中心に山ができるように
帯の中に入れ 左に流します

image

⑤左側も同様に折りたたみます

image

⑥右側を覆えるように
中心より長めにします

image

⑦このように重なりが中心に
くるようにして下に入れ込
んだらできあがりです

とても簡単ですが、着なれた
感じの着姿を楽しめます。
帯揚げをきちんと折りたたむ
ことで、ふっくら感が出て
浮いてくる心配もありません。

是非、お試しくださいませ。

担当 渡邉


銀座 かわの屋
03-3538-7066

STAFF募集
ブログ更新情報をTwitterでお知らせしております。
銀座 かわの屋Twitter(@kawanoyastaff
↓こちらをクリックしてください↓
kawanoya_twitter






image


image

湯もみ絹縮です

image


仮絵羽
「 陽ざし」 湯揉み絹縮着物地
樋口隆司作

名古屋帯
「銀網代に石竹」小千谷紬 夏九寸名古屋帯地
工芸キモノ野口


樋口隆司先生のトークイベント
沢山のお客様にご参加いただきまして誠にありがとうございます
大盛況で終える事が出来ました
ありがとうございました

引き続き、「 越後の織物展 」開催中です


image


image

宮古上布や八重山上布など、琉球の物も揃っています

image


絹縮緬は、気候に合わせて、単衣から夏の時期までほぼ半年間ご着用いただけます
暑い期間が長くなりまたしたので、大変重宝する一枚になるかと思います
この機会に是非、素材の軽やかさや透明感、モダンでお洒落なデザインに触れて
夏の着物ならではの美しさをお楽しみ下さい


スタッフ一同、ご連絡、ご来店をお待ちしております

ありがとうございました


担当 小高

※掲載商品の価格は店舗までお問い合わせ下さい。

掲載商品の色につきましてはご覧の端末のモニターによって
若干の違いがございますことご了承下さい。

※掲載商品は店頭にて販売しておりますので、在庫の状況が異なる場合もございます。
  在庫状況につきましては、店舗までお問い合わせ下さい。


銀座 かわの屋
03-3538-7066
『雪国から届いた「越後の織物展」』販売予定商品
『雪国から届いた「越後の織物展」』

銀座 かわの屋
STAFF募集
ブログ更新情報をTwitterでお知らせしております。
銀座 かわの屋Twitter(@kawanoyastaff
↓こちらをクリックしてください↓
kawanoya_twitter


















本日は、樋口隆司先生をお迎えしまして、小千谷縮や作品にまつわるお話と、日本地ビール協会シニアビアテイスターの資格をお持ちの先生による、越後地ビールのテイスティングイベント初日でした

IMG_2344


おかげさまで、大勢の皆様にご参加いただきまして誠にありがとうございます

樋口先生の絹と麻の小千谷縮の作品の数々
近年の単衣の時期が長くなった日本の風土にぴったりな質感が魅力です

沢山の魅力的な作品がこれほどに揃っている機会はそうありません
是非その質感、清涼感を触れて見て感じてくださいませ


image


着尺
「かざぐるま」
樋口隆司作 本場小千谷縮布 麻

名古屋帯
「立涌に夕顔」
工芸キモノ野口 絽生紬 夏 九寸

image


着尺
樋口織工藝社 本場小千谷縮布 麻

名古屋帯
「仏桑華」
城間 栄順作 赤城紬 夏九寸


質感、色、仕立て、などなど お気軽にお問い合わせ下さい
お電話、メール、ご来店お待ちしています

image


また、イベントに合わせまして、
素敵なリサイクル商品や、お仕立上げの商品も沢山取り揃えております


担当 小高

※掲載商品の価格は店舗までお問い合わせ下さい。

掲載商品の色につきましてはご覧の端末のモニターによって
若干の違いがございますことご了承下さい。

※掲載商品は店頭にて販売しておりますので、在庫の状況が異なる場合もございます。
  在庫状況につきましては、店舗までお問い合わせ下さい。


銀座 かわの屋
03-3538-7066
『雪国から届いた「越後の織物展」』販売予定商品
『雪国から届いた「越後の織物展」』

銀座 かわの屋
STAFF募集
ブログ更新情報をTwitterでお知らせしております。
銀座 かわの屋Twitter(@kawanoyastaff
↓こちらをクリックしてください↓
kawanoya_twitter

美しくも厳しい自然から生まれる越後上布や小千谷縮の里、新潟県魚沼市六日町を訪ねました。

トンネルを抜けるとそこは・・・一面の銀世界。
image


東京から1時間半。越後湯沢駅は雪。
越後上布の反物を手に、雪晒しの取材もかねてやってまいりましたが、
移動中も空は曇ったまま。
image


今日の雪晒し作業は無理かな~と、半ば諦めムードの中、
日本工芸会正会員で、重要無形文化財の越後上布を始め、
本塩沢紬など手がけていらっしゃる中島清志さんの工房、中田屋さんにお邪魔しました。

さっそく、雪晒しは出来るかどうかと伺いましたが、
雪晒しは晴天で、気温が高くないと出来ないとの事で、今日は気温が下がって、雪もちらつく天気。
無理ですね、と、申し訳なさそうに説明して頂きました。

image


中田屋さんの工房です。
image


お嬢様が地機でお仕事をしているところを見せてくださいました。
腰と、足を使っての機織り作業はひと糸ひと糸乾燥を防ぐ為の水をつけながら織り進められます。
2016-03-02-10-31-56


2016-03-02-10-34-49


さて、中田屋さんで貴重なお話を伺った後、
小千谷織物会館の研修センターに移動しました。
image


経糸を整理して巻き取っています。
切れたところを縊っているところです。
image


こちらは、福島県昭和村の苧麻の束から苧績(おうみ)と呼ばれる、糸うみ作業の様子です。
image


爪や指で裂いた麻糸を績んでいるところです。
息を吹きかければ飛びそうな細い糸を一本にしていきます。
その糸は「おぼけ」と言われる入れ物にするりするりと集められていくのです。
image

image


様々な工程を拝見させていただいた後は・・・

お昼です。へぎ蕎麦です。
image


つるるる美味しい~と、いただいている間に!なんと、空が晴れてきました!
工房から雪晒しをしましょう!との連絡が!

おおっ!越後上布の神様ありがとうございます!と口々に
さぁ!急げ急げ!


中島清志さんとお嬢様が準備中です。
image

濡らした反物を~
image

それっ!
image


美しい!
image

当店の越後上布もお里帰りで嬉しそう~。

この工程を1週間から10日ほど繰り返すことによって、
透明感のある反物とまた生まれ変わるのです。
店頭で皆さまにお会いできる日が待ち遠しいですね!


さて、次は本塩沢・塩沢紬・越後上布の機元、林宗平工房さんへ。
image


本塩沢の湯もみ作業です。
気の遠くなる様な丁寧な作業によって糊を落とししぼを出しています。
image


手くびりの作業です。
image



この後、樋口隆司さんの小千谷紬の個展会場にお邪魔いたしました。
女性らしく、モダンで美しいお着物を前に溜息が漏れるばかり。

個展会場は個人蔵のお着物も多く、残念ながら写真はありませんが、
機会がありましたらこの魅力を皆さまにお伝え出来るといいなぁ、と思います。


今回雪晒しした越後上布など、素敵なお品物は今夏にご案内できるよう準備を進めておりますので、楽しみにお待ちいただけましたらと思います。



※掲載商品の色につきましてはご覧の端末のモニターによって
若干の違いがございますことご了承下さい。
※掲載商品は店頭にて販売しておりますので、在庫の状況が異なる場合もございます。
  在庫状況につきましては、店舗までお問い合わせ下さい。


担当: 塚越



銀座 かわの屋
03-3538-7066
銀座 かわの屋
STAFF募集
ブログ更新情報をTwitterでお知らせしております。
銀座 かわの屋Twitter(@kawanoyastaff
↓こちらをクリックしてください↓
kawanoya_twitter

↑このページのトップヘ