「銀座 かわの屋」スタッフBLOG

当店は、銀座5丁目並木通り 銀座藤小西ビル5階にて営業いたしております。 新品呉服からリサイクル、カジュアルな木綿や紬、小紋から、フォーマルな訪問着や色無地、振袖など豊富に取り揃えております。 希少性が高く、品質の良い着物や帯を集め、ご提供させていただいております。 こちらのブログやホームページでは、近年の伝統工芸作家作品や、重要無形文化財クラスの産地物まで、着物ファンの方なら楽しくご覧いただける珍しい着物をご紹介しています。

タグ:芭蕉布

image

着物

能登上布 着物 むら田扱
身丈 172cm 裄丈 68cm 袖丈 49cm
リサイクル品 ¥180,000+税



八重山上布 名古屋帯
総丈 374cm 太鼓30.2 cm 前巾15.2cm
リサイクル品 ¥145,000+税

image


名古屋帯

重要無形文化財 越後上布 八寸名古屋帯
星野 利光作
¥360,000+税 (お仕立て代込)


image


着物

宮古上布 蚊絣 着物
身丈 164cm 裄丈 70cm 袖丈 51cm
リサイクル品 ¥480,000+税



宮古上布 縞に経絣 名古屋帯
総丈380cm 太鼓 31.2cm 前巾 16.2cm
お仕立て上り ¥200,000+税

image



名古屋帯
帯:詳しくはこちらをご覧下さい

夏は、素材のバリエーションも多く、その美しさも格別です
その中でも 上布の繊細さや透明感は 夏ならでは

店内には、越後上布や宮古上布、八重山上布に能登上布
小千谷縮そして、芭蕉布など 素晴らしいお着物や帯が
揃っております

暑い毎日ですが、
スタッフ一同 ご来店お待ちしております

なお、明日の水曜日は定休日です

最後までご覧頂きありがとうございます




担当 小高


銀座 かわの屋
03-3538-7066

STAFF募集
ブログ更新情報をTwitterでお知らせしております。
銀座 かわの屋Twitter(@kawanoyastaff
↓こちらをクリックしてください↓
kawanoya_twitter

昨日まで開催しておりました『楽しい春のよそほひ展』には
たくさんのお客様にご来店いただき、本当にありがとうございました。


先日の沖縄県への研修では、
初めて大宜味村喜如嘉の芭蕉布会館へお邪魔いたしました。

大宜味村ではちょうど『第12回いぎみてぃぐま』というイベントが開催中でした。
2015いぎみてぃぐま

このイベントはアヤメ科の花・オクラレルカが満開を迎える時期に行われるということで、
芭蕉布会館へ伺う前に花畑へ。
この日は生憎の雨模様でしたが、雨粒の滴る花もまた趣があり素敵でした。
喜如嘉 オクラレルカ
喜如嘉 オクラレルカ



満開のオクラレルカを堪能し、芭蕉布会館へ。
喜如嘉 芭蕉布会館


芭蕉布を使った色々な作品が展示されています。
喜如嘉 芭蕉布会館


染料として使われる相思樹や車輪梅
喜如嘉 芭蕉布会館
喜如嘉 車輪梅(テーチ)


染色室には藍甕が並んでいます
喜如嘉 芭蕉布会館


刈り取った原皮、織り上がった反物を煮る工程など、完成までに何度も使われる釜場です
喜如嘉 芭蕉布会館


この日は人間国宝である平良敏子先生をはじめ、10名以上の女性が苧績みと呼ばれる作業をされていました。
毎月初めに会館の2階に集まり、輪になって色々お話をしながら糸作りをされるそうです。

平良敏子先生のお手元を近くで拝見しましたが、細い芭蕉の糸をさらに細く裂き、
結んで余った部分をカットするという熟練した手によるその動作はとても速く、
本当に驚きました。


平良美恵子さんに色々なお話をお伺いし、
その後会館のそばの芭蕉畑も案内していただきました。
喜如嘉 芭蕉
喜如嘉 芭蕉
この日は刈り取りの前日ということで、2m以上にもなった芭蕉が広範囲に茂り、
まるで迷路のようでした。
両手を伸ばしたぐらいに茎が成長した芭蕉を選んで刈り取られるそうです。
そうした重労働から作品の完成まで、すべての工程が女性の手によって行われます。
だからこそ繊細で透明感のある美しい織物が出来上がるのかもしれません。


桜も散り、今年も芭蕉布や上布に思いを馳せる季節がやってまいります。
この夏はどんな素敵な織物に出合えるのか、今から楽しみです。


平良美恵子さん、喜如嘉の芭蕉布保存会の皆様、ありがとうございました。



銀座 かわの屋
03-3538-7066
http://www.kawanoya.co.jp

銀座 かわの屋


ブログ更新情報をTwitterでお知らせしております。
銀座 かわの屋Twitter(@kawanoyastaff
↓こちらをクリックしてください↓
kawanoya_twitter

↑このページのトップヘ